2016年11月14日

5年ぶり「東宝シンデレラ」グランプリは大阪の高校1年・福本莉子さんに決定!

東宝シンデレラグランプリに大阪出身の高校1年生・福本莉子さん | ORICON STYLE
東宝シンデレラGP決定 7代目・上白石萌歌が号泣「母親のような感じで愛おしい」 | ORICON STYLE

沢口靖子さんや長澤まさみさんなど数々の女優を輩出した第8回「東宝シンデレラ」オーデショングランプリ発表会が13日、都内で開催され、グランプリに大阪府出身の高校1年生・福本莉子さん(15)が選ばれました。総応募数9508人のなかから栄冠を手にしました。

5年ぶりの開催となる同オーディションは、今年3月より史上最年少となる満9歳から18歳までを対象に募集を開始。書類審査を廃止し、初の試みとなる全国10ヶ所での全員面接や合宿審査を勝ち抜いた11人のファイナリストが最終審査となる発表会に登場しました。

大阪府出身の福本さんは身長156センチ、かわいらしいルックスの一方、グランプリ受賞時に名前を呼ばれても泣いたり興奮したりすることもなく、冷静さを保ったままコメント。受賞理由でも「クールで芯が強く知性的な面を持ち、一見子どもらしからぬイメージがあった」と実行委員会も評しています。部活はサッカー部に所属していたこともあり、サッカーや水泳などを特技としながら、そろばんや英会話なども趣味にあげています。

グランプリ受賞者は同オーデション最高額となる300万円が贈られるほか、東宝製作映画でのスクリーンデビューが決定。また集英社とのコラボーレーションで創設された『集英社賞』各賞では『雑誌デビュー』が約束され、『アーティスト賞』では東宝制作アニメ作品に主題歌アーティストとしての参加が待っています。

この日は先輩となる第7回グランプリの上白石萌歌さん(2011年)や第7回審査員特別賞を受賞した上白石萌音さん、山崎紘菜さんも応援に駆けつけました。
当時10歳の史上最年少で第7回グランプリに輝いた萌歌さんは、「私、なぜか大号泣しちゃって。自分の5年前を思い出したり、たくさんいろんなことを経験していくんだなと思うと、母親のような感じで愛おしく思います」としみじみ。妹の萌歌さんと同時に審査員特別賞を受賞した萌音さんは「自分がグランプリになった時も泣いていなかったのに…」と驚きながら苦笑。また、萌音さんは「私もお名前が呼ばれる瞬間に胸がいっぱいになった。新しい星がうまれた瞬間なのだと。私もときには悔しかったり苦しかったりしたけど、いつも心を支えてくれるのはこの瞬間の胸の高鳴りだと思うので、今思っている気持ちを宝物にして一緒に頑張りましょう」と先輩としてエールを送りました。

【関連】
『東宝シンデレラ』アーティスト賞の崔愛花さん「愛される歌手に」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
ラベル:崔愛花 福本莉子
posted by idolzuki at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉岡里帆、『週刊プレイボーイ』で表紙&巻頭グラビア!キュートな変顔も披露

吉岡里帆『週プレ』で最新グラビア ナチュラルな表情&キュートな変顔披露 | ORICON STYLE

女優の吉岡里帆さん(23)が、14日発売の『週刊プレイボーイ』48号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに登場。話題のドラマやCMに出演し、2016年に最も快進撃を遂げたと評価される旬の人気女優が、リラックスしたナチュラルな表情を見せています。

朝ドラ『あさが来た』で主人公・あさを支える田村宜を演じて注目を集めた吉岡里帆さんは、その後、『ゆとりですがなにか』『死幣-DEATH CASH-』『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』と立て続けにドラマに出演するほか、ブレイクの登竜門といわれる結婚情報誌『ゼクシィ』のCMガールにも抜擢されるなど、大きな飛躍を遂げています。

ブレイク前から度々登場し、昨年2月発売号では「必ずブレイクする女優」と命名するなど、吉岡さんにとって縁の深い『週プレ』での久しぶりのグラビアのテーマは、「女優としての様々な顔」。カメラマンには女性ファッション誌などで活躍中の三瓶康友氏を起用し、吉岡さんの“見る人を和やかにする雰囲気”を収録しました。また、「撮影中に自然にやったら、使っていただいていました(笑)」というキュートな変顔も掲載されています。

吉岡さんは「『部屋でくつろいでいるような雰囲気で』という設定をいただいていたので、今まで以上にリラックスして臨めた撮影でした。カメラマンさんからは『猫っぽい犬の気持ちで』『世にも奇妙な物語の世界観で』なんていう変わった指示もたくさん飛んできて、終始笑っていた気がします」と感想を語っています。

なお、今回の未公開写真は、同誌の公式グラビアサイト『週プレnet EX』で14日から配信されます。

また、同号にはそのほか、モデルで女優の馬場ふみかさん、佐藤美希さん、女優の大沢ひかるさん、田中道子さんが登場し、AKB48の“神”水着も掲載されます。

【関連】
週プレnet Extra
馬場ふみか、『週刊プレイボーイ』で初写真集の”髪ブラ”公開!: アイドルが好き!
posted by idolzuki at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜井日奈子、初の握手会!

桜井日奈子「素の笑顔」の密着写真集を発売 | ORICON STYLE
桜井日奈子、初の握手会にド緊張 “岡山の奇跡”で脚光を浴びて約一年…シンデレラストーリーを振り返る - モデルプレス

女優の桜井日奈子さん(19)が13日、東京・福家書店新宿サブナード店で、初写真集『桜井日奈子です。』とカレンダーブックの発売記念イベントに出席しました。

写真集は、高校卒業から上京、初舞台、沖縄で過ごした10代最後の夏など、女優として本格的に活動を始めた半年に密着しています。「グラビアで見せる笑顔じゃなく、素の笑顔が私らしくていい」とPRし、「100点満点です」と自画自賛しました。

沖縄ではシュノーケリングも初体験し、「虹色の魚を見られて感動でした」。一方で、「魚市場でも撮影しました。『どれでも好きな魚を選んでいいよ』と言われてうれしかった」とコメント。

14年の岡山美少女・美人コンテストでグランプリを獲得。3月に岡山の高校を卒業し、今は東京で女優、大学生として二足のわらじで活躍。現在も日本テレビ系ドラマ「ラストコップ」(土曜午後9時)に出演中です。
濃密な1年を「1年じゃないみたい。3年ぐらいたったと思うほど」と振り返りました。岡山には夏休みに帰ったきりだそうで、次の帰省のときには「実家でひたすら寝ていたい」と、多忙な人気者らしい願望を口にしていました。

【関連】“岡山の奇跡”桜井日奈子が初の握手会!「緊張しいなので手がしっとりしてたらごめんなさい」: アイドルが好き!

桜井日奈子 2017 カレンダーブック (カドカワムック) -
桜井日奈子 2017 カレンダーブック (カドカワムック) -

ファースト写真集 桜井日奈子です。 -
ファースト写真集 桜井日奈子です。 -
ラベル:桜井日奈子
posted by idolzuki at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐野ひなこ、「お風呂上がり」の浴衣ショットを披露!

佐野ひなこ「お風呂上がり」浴衣ショットに反響「すっぴん?」「これは反則」 - モデルプレス

20161114a.jpgモデルで女優の佐野ひなこさんが13日、Instagramを更新、浴衣姿の写真を公開しています。

1泊2日の熱海旅行へ訪れたことを報告した佐野ひなこさんは旅行中の写真を続々と投稿。そして「お風呂上がり 夜も景色良かったのだけど、外が寒くて写真をおさえるの忘れちゃった 楽しかったー!」と浴衣姿の写真をアップしました。

ナチュラルなその表情を見たファンからは「すっぴんですか?」「すっぴん可愛い〜!」とコメントが寄せられるほか、「浴衣めっちゃ可愛い…」「これは反則です」など絶賛のコメントが寄せられています。

【関連】佐野ひなこ Instagram :「お風呂上がり(*´?`*) 夜も景色良かったのだけど、外が寒くて写真をおさえるの忘れちゃった 楽しかったー!」
ラベル:佐野ひなこ
posted by idolzuki at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知英、『ドクターX』に出演!手話も披露

知英、大好きな「ドクターX」で米倉涼子と初共演! 手話初披露 | Smartザテレビジョン

3話連続で視聴率20%の大台を超え、第4シリーズも“失敗しない”米倉涼子さん主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)で、11月24日(木)の第7話に知英さんがメインゲストとして出演します。

第7話で知英さんが演じるのは、高校生の時に患ったおたふくかぜが原因で、左耳だけ聴こえなくなった女性・七瀬由香。耳が聴こえないピアニスト・七尾貴志(武田真治さん)の演奏に勇気をもらったことがキッカケで、手話を猛勉強し、今では彼のアシスタントを務めています。そんな中、由香は敬愛する七尾の耳の完治を願い、天才フリーランス外科医・未知子(米倉さん)に“七尾の未来”を託すのですが…。

“片方の耳が聴こえない女性”という難しい役どころに挑む知英さんは、この役のために手話も習得し、劇中で初披露。美しい指先をしなやかに操りながら、静かなる言葉を紡ぎ出します。

知英さんは、「韓国にいた時から大好きなドラマだったので、自分があのドクターXに出るんだ!と今も夢のようです。米倉さん演じる大門未知子先生は私の憧れの女性像。そんな大門先生を前に私も登場人物として物語に参加できたことは女優冥利に尽きます。今回、手話を初めて勉強したのですが、耳が聴こえない人に手や表情でメッセージを伝えることの大変さを学びました。演技と共に手話も一生懸命に取り組みましたので見ていただけたらうれしいです。そして大門先生と、とある勝負に挑みました。そちらも楽しみにしていて下さい」とコメントを寄せています。
ラベル:知英
posted by idolzuki at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山地まり、「ガンガン攻めてきてほしいです」

山地まり「ガンガン攻めてきて」草食系男子へ思い | ORICON STYLE

女優の山地まりさん(22)が13日、都内で、「山地まり2017年カレンダー」の発売記念イベントを行いました。
各ページにファンが元気の出るメッセージが入っており、山地さんは「みんなが元気になってくれるといいなと思って応援メッセージを考えました。朝、起きた時、寝る前、仕事に行く時も帰ってきた時も、自分が言われたらうれしい言葉を考えました。松岡修造さんを尊敬していますので参考にしました」とPR。

山地さんのお気に入りはセクシーな水着姿に「ガンガン攻めていこうぜ!」という言葉が入ったページと紹介。「今、草食時代と言われる世の中に、本来の男性らしさを取り戻してほしいという思いを込めました」と説明しました。好きな男性のタイプは「『好きだよ』と言ってくれる人。ガンガン攻めてきてほしいです」と笑顔を見せました。

山地まり 2017年 カレンダー 壁掛け B2 -
山地まり 2017年 カレンダー 壁掛け B2 -
ラベル:山地まり
posted by idolzuki at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

のん(能年玲奈)、『この世界の片隅に』初日舞台挨拶!「生活する才能がなかった」が 少し変化

のん「生活する才能がない」 主演アニメきっかけに変化も | ORICON STYLE
のん「生活が楽しくなった」と笑顔に、「この世界の片隅に」初日 - 映画ナタリー

女優ののんさん(能年玲奈から改名)が12日、都内でアニメーション映画『この世界の片隅に』初日舞台あいさつに出席しました。
自身を「生活する才能がなかった。毎日3食ご飯を食べたり、お洗濯をする才能がない」と独特の言い回しで表現し、主人公の声優を務めた同作をきっかけに「ご飯を作ったり、お洗濯をする楽しさがわかって、生活をするのが楽しくなりました」と変化を明かしました。

声優を務めた主人公・すずについて「生活をすることを楽しんでいる姿が印象的だった」と語り、作品にちなんで日々のささやかな幸せを聞かれると「ポテトチップスとチョコレートを食べるとき」と告白。「制限していて、仕事が一息ついて次の日何もないときだけ。チョコは1日1個と決めているので、食べるときは幸せです」と笑顔でしたが、片渕須直監督から「この間はキャラメルをいっぱい食べていた」と暴露され、「キャラメルはまだ制限していなくて…」と照れ笑いを浮かべていました。

同作は、『夕凪の街 桜の国』などで知られる、こうの史代氏の漫画を、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕氏が監督・脚本を務めてアニメーション化。戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女・すずが、戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛けています。


完成まで6年かかり、クラウドファンディングを利用して資金調達を行うなど苦労を乗り越えて初日を迎えた片渕監督は「僕一人の手柄じゃなくて、たくさんの方がこの映画を作った」と感謝。会場は立ち見がでるほど満員となり、音楽を担当したコトリンゴさんは「自分の人生の中で一生の宝物になりそうなすばらしい作品。音楽を作らせてもらって幸せ」とコメント。

【関連】
11月12日(土)全国公開 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイト
【レビュー】映画『この世界の片隅に』―のんの声がハマりまくり!戦争映画の新たな傑作 [T-SITE]
【劇場アニメレビュー】アニメファン以外にも絶対見てもらいたい!『風立ちぬ』『火垂るの墓』を凌駕する説得力『この世界の片隅に』|おたぽる
日本のアニメ映画『この世界の片隅に』、フランスやドイツなどで劇場公開へ | ガジェット通信
ラベル:のん 能年玲奈
posted by idolzuki at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有村架純、NHK『第67回紅白歌合戦』紅組司会に決定!

『第67回紅白歌合戦』司会に嵐・相葉&有村架純 | ORICON STYLE

NHK『第67回紅白歌合戦』(12月31日 後7:15〜11:45)の白組司会に嵐の相葉雅紀さん(33)、紅組司会に女優の有村架純さん(23)が決定しました。12日、NHKの番組公式サイトを通じ発表されました。
有村架純さんは初の紅白司会、相葉雅紀さんは嵐として2014年まで5年連続で司会を務めましたが、単独では初となります。

今年のテーマは「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、今年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく、としています。

有村さんは2013年、連続テレビ小説『あまちゃん』でヒロインの母親の少女時代を演じたのを機にブレイク。来年の朝ドラ『ひよっこ』ではヒロイン・谷田部みね子を演じます。

NHK制作局エンターテイメント番組部・井上啓輔部長は2人の起用理由についてコメント。相葉さんには「『グッと!スポーツ』では持ち前の明るいキャラクターでNHKのスポーツ番組に新たな風を吹き込んでくれています。番組で培った親しみやすい進行でリーダーシップを発揮していただきたい」、有村さんには「『ひよっこ』でヒロイン・谷田部みね子役を務めるなど、いま最も期待される女優の一人です。フレッシュさで紅組を力強く引っ張っていただきたい」とそれぞれに大きく期待を寄せいています。

有村さんは、「このお話を聞いたとき、私の人生に二度とない出来事だと思いました。この事実を受け入れるにはもう少し時間が必要かもしれません。それほど、私としてはとってもとっても大きな大きな役目でまだまだ力不足ですし、本当に恐れ多い気持ちでいっぱいです。ですが、司会を務めさせていただけることに感謝の気持ちを持って精一杯やらせていただきたく思います。 皆さんと素敵な時間を過ごせるように自分自身も楽しみながら役目を果たせたらうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします」とコメントを寄せています。
ラベル:有村架純
posted by idolzuki at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷村美月、大阪刑務所でおばあちゃんとバッタリ(イベント会場でのお話しです)「明美ちゃん!」の声援も

谷村美月に「明美ちゃん!」堺に凱旋たこ焼きパクッ | ORICON STYLE
谷村美月ドキッ!一日刑務所長で祖母とバッタリ - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(月〜土曜午前8時)に出演している女優の谷村美月さん(26)が12日、堺市堺区の大阪刑務所で、「第29回 関西矯正展」のオープニングセレモニーに出席し、実家の近くへ“凱旋”しました。

「この近くはよく通っていて、外からは見ていましたが、古い建物とは知らなくて…。あ、今日は祖母にさっき、会いました。祖母が(会場に)来てました」
堺市出身の谷村美月さんは、高校時代までを同市内で過ごしていたといい、「懐かしいですね」と見渡しました。

役柄の看護師・小野明美は、芳根京子さん演じるヒロイン・すみれを支援し、意見を「ズバズバ言う」ことで、視聴者からの共感を得始めています。「SNSとかも気になって見るんですけど、そしたら『明美さん、よくぞ言ってくれた』みたいに書いてあって、あ、そうなんだ! って思います」

朝ドラの反響の大きさをあらためて実感しているようで、この日も「明美ちゃん!」などと声がかかり「うれしいですね」。収録現場では、大阪弁のセリフに苦戦する共演者らに、大阪出身の谷村さんが「違うときは、おかしい! って、ズバズバ言ってます」。ただし、神戸の言葉と、大阪弁が微妙に違い、同意する意味のセリフ「そやね」にはまったということです。

地元の堺では「そうやね」と言い、谷村さんは「この『う』があるかないかで、違うんですよね」と話しました。

セレモニー後には、全国の刑務所作業品が展示即売される「関西矯正展」も見学。刑務作業品について「知らなかった」と素直に驚いていました。飲食ブースでは、たこ焼きを所望。久々にたこ焼きを食べ「おいしかった!」と笑みをこぼしました。
ラベル:谷村美月
posted by idolzuki at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

のん(能年玲奈)、朝日新聞で映画コラム「“のん”のノンストップ!女優業!!」の連載がスタート!

のん、朝日新聞で映画コラム連載スタート!初回は「マイ・ベスト・フレンド」鑑賞 - 映画ナタリー

女優のんさん(能年玲奈より改名)による映画コラム「“のん”のノンストップ!女優業!!」の連載が、11月11日の朝日新聞東京本社版の夕刊よりスタートしました。

これは、のんさん自らがペンを執り、映画の感想を綴る不定期連載です。第1回では、トニ・コレットとドリュー・バリモアがダブル主演した『マイ・ベスト・フレンド』を鑑賞。本作で描かれる幼い頃からの大親友ミリーとジェスの関係について、のんさんは「ミリーとジェスのような友情を築ける人生を送りたい。女優としての欲を言ってしまうと、こんな素敵な映画に出たい!」と語っています。

なお、同内容は朝日新聞社が運営するWebサイト「withnews」にも掲載されています。

【関連】
“のん”のノンストップ!女優業!!『マイ・ベスト・フレンド』 - withnews(ウィズニュース)
withnews(ウィズニュース) | 気になる話題やネタをフカボリ取材(ウニュ)
ラベル:のん 能年玲奈
posted by idolzuki at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。