2016年11月11日

平祐奈の「和ごころ」がいっぱい

女優・平祐奈が「和」の思いを詰めたフォトブックで艶やかな着物姿を披露 - 新刊JP

「LINEバイト」や「ミサワホーム」など数々のCMに出演、ドラマや映画など活躍の場を広げている女優の平祐奈さんのフォトブック『平祐奈 フォトブック「和ごころ」』(玄光社刊)が11月11日に出版されました。

本書は、平祐奈さんが大好きな日本文化である「和」への思いを詰めた一冊。艶やかな着物姿をはじめ平さんの魅力溢れる撮り下ろしが収録されています。

さらに、雑誌『CM NOW』での連載「平 祐奈の知りタイガー!! 〜日本のカルチャー探検〜」をまとめたものや、ロングインタビュー、平さんの「47問47答」なども掲載されており、平さんの思いが詰まったフォトブックに仕上がっています。

平 祐奈 フォトブック 和ごころ (玄光社MOOK) -
平 祐奈 フォトブック 和ごころ (玄光社MOOK) -
ラベル:平祐奈
posted by idolzuki at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

大友花恋、『高校サッカー』12代目応援マネージャーに!

大友花恋『高校サッカー』12代目応援マネージャー抜てき「一緒にアツい冬を」 | ORICON STYLE

女優の大友花恋さん(17)が年末に日本テレビ系で放送される『第95回全国高校サッカー選手権大会』の第12代目応援マネージャーに就任しました。

このほど囲み取材に出席した大友花恋さんはフレッシュな制服姿を披露。抜擢を受け「すごくすごくびっくりしました。選手の皆さんのプレイを間近でみて応援できることが楽しみでワクワクしています」と胸を踊らせました。

これまで同マネージャーといえば、初代の堀北真希さんを始め、新垣結衣さん(2代目)、川口春奈さん(7代目)、広瀬すずさん(10代目)、永野芽郁さん(11代目)らそうそうたるメンバーが並ぶ、いわば“若手女優の登竜門”。「歴代の皆さんは本当にすごい方々で私にできるか不安もありますが、先輩に続けるようにサッカーへの知識を得たり選手の皆さんとたくさんお話させていただいて、一生懸命マネージャーのお仕事を務めたい」とコメント。

『ミスセブンティーン2013』を受賞し、雑誌『Seventeen』の専属モデルを務める大友さんはこれまで、連続ドラマではフジ系『恋仲』(15年)、日本テレビ系『お迎えデス。』(16年)、テレビ東京『こえ恋』(16年)や現在公開中の映画『金メダル男』などで女優としても活躍中。憧れの女優に「志田未来」を挙げ、「志田さんが出演されている作品を拝見したとき、その演技に圧倒されてこんな演技ができる女優さんになりたいと心から思いました」と尊敬の眼差しを向けていました。

開会式は12月30日、決勝は来年1月9日に開催。大友さんは出場選手に向け、「皆さんが今まで練習した成果を120%出し切れるように一生懸命応援します! 一緒にアツい冬を過ごしましょう」と元気よく呼びかけました。
ラベル:大友花恋
posted by idolzuki at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葵わかな、“オトナっぽかわいい”カレンダーを発売へ!

若手女優・葵わかなが“大人セクシー”に魅せる七変化! | ニュースウォーカー

女優の葵わかなさんが、12月11日(日)に「葵わかな オフィシャルカレンダー2017」を発売します。

同作品は、葵わかなさんにとって4作目となるカレンダーで、ベッドに寝転ぶナチュラルでキュートな笑顔や、これまでのイメージを覆すような驚きのクールな大人の表情、妖艶さを醸し出すセクシーショットなど、18歳となった葵さんの“オトナっぽかわいい”魅力が凝縮されています。

「ナチュラル」「キュート」「スポーティー」「クレイジー」「セクシー」「クール」「レトロ」の7つをテーマに、それぞれのシチュエーションに沿ったメークに衣装を着こなし、これまで見たことない表情の“七変化”を見せています。

なお、12月3日(土)に東京・渋谷で、12月18日(日)に大阪で発売記念イベントが行われます。
ラベル:葵わかな
posted by idolzuki at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久松郁実、上半身だけのチャイナ服でオークションにかけられちゃう!

久松郁実、セクシーチャイナドレス着て中国人役&中国語に初挑戦 | ORICON STYLE
久松郁実、悩殺チャイナ服で太もも美脚! 『土竜の唄』美女売買の被害者役に | マイナビニュース

モデルで女優の久松郁実さんが、生田斗真さんの主演映画『土竜の唄 香港狂騒曲』(12月23日公開)に、人身売買オークションにかけられる中国人・チーリン役で出演します。

劇中では、上半身だけチャイナ服を着て、美脚を見せつけるこ惑的な姿を披露しているだけでなく、「せりふも中国語だった」と初挑戦に燃えました。「私にも活躍シーンがあるのでぜひ楽しみにしていて下さい」とアピールしています。

『ビッグコミックスピリッツ』(集英社)の高橋のぼる氏の漫画を実写映画化した『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』(2014年)の続編。香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二(生田さん)が前作以上に“ミッション絶対インポッシブル”な任務に挑みます。

そのミッションとは、ヤクザの数寄矢会会長・轟周宝から命じられた、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜のせん滅と、轟の娘・迦蓮(本田翼さん)のボディーガード。ところが仙骨竜によって迦蓮が香港へさらわれてしまう。助けに向かった玲二が行き着いた先は、人身売買が行われる香港の高級美女オークション会場。この会場に、久松さん演じる中国人・チーリンの姿があって・・・。

久松さんは人身売買の被害者で、値踏みをする富豪たちの卑しい視線に耐える難しい役を体当たりで演じました。
「もともと『土竜の唄』の映画の大ファンで、前作は3回観ていたので、出演が決まった時はとてもうれしかったです。そして、前作よりもパワーアップし、どのシーンも見逃せない、とてもハラハラドキドキする作品だと思います」とコメント。

ちなみに、チャイナドレス姿について、「思った以上に脚が出る衣装で、少し恥ずかしかったです」とはにかんでいます。たしかに、上半身しか隠していないですもんね・・・

【関連】映画『土竜の唄 香港狂騒曲』公式サイト
ラベル:久松郁実
posted by idolzuki at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長澤まさみが胸チラ点灯式!

長沢まさみツリー点灯式 ジュエリー1億円豪華衣装 | ORICON STYLE
長澤まさみ 透けドレスでセクシー胸元/芸能/デイリースポーツ online・・・写真7枚掲載
長沢まさみ、ピンクのドレスでツリー点灯/写真特集 - 芸能 : 日刊スポーツ・・・写真12枚掲載

女優の長澤まさみさん(29)が9日、東京・表参道ヒルズで、クリスマスツリーの点灯式に出席しました。

チョウを刺しゅうした淡いピンクのロングドレスは、シフォン素材でシースルー。ネックレスや指輪など、ジュエリーは総額1億円以上と、華やかさいっぱいの衣装でした。長澤さんは、吹き抜けの大階段を上り、大きな鐘を鳴らすとツリーが点灯。

昨年のクリスマスは友人たちと小さな飲食店を貸し切って過ごしたということですが、今年のクリスマスについては「舞台の稽古があるので、皆さんと楽しめたらいいと思っています」と、来年1月11日に初日を迎えるミュージカル『キャバレー』の共演者、スタッフと過ごすということです。

休みが取れたら? と聞かれると「きれいなイルミネーションのあるところへ行って、楽しい夕食をして、一緒にいる人はその時どういう人か分かりませんけど、あこがれはあります」と、理想のクリスマスについて話しました。
ラベル:長澤まさみ
posted by idolzuki at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

のん(能年玲奈)、コトリンゴの生歌に「心臓をギュッとつかまれたよう」

「この世界の片隅に」のん、コトリンゴの歌に「心臓をつかまれたみたい」 - 映画ナタリー
能年玲奈改め“のん”、コトリンゴの生歌に感激「心臓をギュッとつかまれたよう」 | ORICON STYLE

11月8日、アニメ映画『この世界の片隅に』のライブ付きプレミア試写会が東京・草月ホールにて行われ、監督の片渕須直さん、声のキャストを務めたのん(能年玲奈)さん、音楽を担当したコトリンゴさんが出席しました。

こうの史代さんのマンガをもとにした本作は、戦時中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いてたくましく生きる女性・すずの姿が描かれています。

のんさんは広島を訪れた際のことを「坂がたくさんありました」と振り返り、「映画を観た地元の方が『方言がすごく自然だった』と言ってくださって安心しました」とにっこり。またコトリンゴさんの楽曲について、のんさんが「『悲しくてやりきれない』が流れてくるとコトリンゴさんの声に自分自身の声が共鳴していく感じになって、気持ちが満たされて涙が出てきます」と述べると、コトリンゴさんは「うれしいです」とはにかみました。そんな2人を見た片渕監督が「のんちゃんとコトリンゴさんが話しているのをもっと聞いていたいです。雲に乗ったような、ふわふわとした感じになるんじゃないかな」と口にする場面も。

中盤には、コトリンゴさんが『悲しくてやりきれない』とエンディングテーマ『たんぽぽ』をピアノの弾き語りで披露。片渕監督は感動した様子で「完成までに6年かかった映画ですが、その6年分が込められている気がしました」とコメントし、のんさんは「心臓をぎゅっとつかまれたみたいになりました。息を忘れてしまうほどすごかったです」としみじみと語りました。

最後に片渕監督は「映画に映っているすずさんの周りの世界は、今は(実際に)見られないだけでいつまでもここにある場所のような気がします。すずさんと一緒に空を見上げたり、風に吹かれたりしてみてください」と、コトリンゴさんは「またすずさんに会いたいな、映画の持つ雰囲気に包まれたいなと思うような映画です」と観客に語りかけました。そしてのんさんが「ぜひエンディングが終わるまで観ていってください!」と笑顔で挨拶してイベントを締めくくりました。

『この世界の片隅に』は11月12日より全国ロードショーです。
ラベル:のん 能年玲奈
posted by idolzuki at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のん(能年玲奈)、ヌード写真集を買えず篠山紀信から「情けない!」とダメ出しを受ける

のん、“ある”写真集を買えず篠山紀信から「情けない!」とダメ出し/2016年11月8日 - エンタメ - ニュース - クランクイン!

20161109a.jpgアニメ映画『この世界の片隅に』(11月12日公開)にて、主人公すずの声優を務める女優ののん(能年玲奈)さんが7日、自身の公式ブログを更新。篠山紀信さんが手掛けたヌード写真集を買うのをためらったことを聞いた篠山さんから、「情けない!」とダメ出しを受けたことを明かしました。

のんさんは、「婦人公論にて、再び篠山紀信さんに撮っていただきました」という一文を添えて、篠山さんとのツーショットを公開。また、篠山さんの写真展に行ったものの、その感想を伝える間もなく撮影がスタートしたため「感想言いたかった〜〜ご本人に直接、衝撃を伝えたかった〜〜」と明かしています。

続けて、「頑張ってお話して、でもヌードの表紙はなんだか小娘には買いづらくて隣に置いてあった篠山先生の以前出された写真集を買いました。と言ったら、女優なのに情けない!と言われてしまいました。あは!」と報告。そして、「今回の写真集には、特殊な撮影の裏側が載っているらしく、めちゃくちゃ惜しい事をしたのだと発覚…悔しい思いをしたのでした…」と後悔を綴っています。

それでも、後日には篠山さんから写真集を送ってもらったそうで、「がーん。先生、本当にありがとうございます」と感謝のコメント。

20161109a2.jpgまた、「モダンガール楽しかった〜。でもしっくり来るのはこっち」と髪形を元に戻したことについても触れています。

【関連】のん 公式ブログ - コート - Powered by LINE
ラベル:のん 能年玲奈
posted by idolzuki at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広瀬アリス、胸元セクシーなキャバ嬢に!

綾野剛主演「新宿スワン2」のヒロイン発表<全キャスト・主題歌・予告映像も> - モデルプレス
【動画】広瀬アリス、「新宿スワン2」でキャバ嬢に 胸元あらわなセクシードレスも 予告編公開 - MAiDiGiTV (マイデジTV)

女優の広瀬アリスさんが、綾野剛さん主演の映画『新宿スワンII』(園子温監督、2017年1月21日公開)で、キャバクラ嬢役に初挑戦しています。
闇金で借金を抱えキャバクラで働くヒロイン・小沢マユミを演じ、公開された予告編で胸元もあらわなセクシードレス姿を披露している広瀬アリスさんは「マユミという女の子を演じるにあたって壁がたくさんありましたが、現場では綾野さんは常に(役の)龍彦として接してくださったので自分もマユミとしてそこにいることができました」とコメントしています。

『新宿スワン』は、『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された和久井健さんの人気マンガが原作。前作では、金も仕事もなかった白鳥龍彦(綾野さん)が、敏腕風俗スカウト・真虎(伊勢谷友介さん)に気に入られ、歌舞伎町を拠点とするスカウト会社「バースト」のスカウトマンになり、過酷な試練を乗り越えていく姿が描かれました。
続編「II」では、バーストのエース格となった龍彦は、勢力拡大をもくろむ社長・山城(豊原功補さん)の命で、幹部の関玄介(深水元基さん)とともに横浜へと送り込まれます。しかしそこは、タキ(浅野忠信さん)と呼ばれる男が支配する難攻不落の王国で、新宿と横浜は全面戦争へと突入する……というストーリー。

ほかに、映画オリジナルのキャラクターの全日本酒販売連合会会長役・住友を椎名桔平さんが演じ、上地雄輔さんや高橋メアリージュンさん、要潤さん、中野英雄さん、笹野高史さんも出演します。
ラベル:広瀬アリス
posted by idolzuki at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深田恭子が彼氏を“のりかえる”? 多部未華子、永野芽郁との3姉妹CM第2弾&メイキング映像が公開!

深田恭子が彼氏を“のりかえる”!? 多部&永野との3姉妹CM第2弾 | ORICON STYLE

女優の深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんが、“3姉妹”として出演する、スマートフォン『UQ mobile』(UQコミュニケーションズ)第2弾CM「のりかえる長女」篇の放送が5日からスタートしました。

新CMの舞台は、前作と同じく一家が暮らす自宅のリビング。デートに向けて新調したネイルを乾かしている長女の深田恭子さんに、「(相手は)ケンちゃん?」と次女の多部未華子さん。すかさず三女の永野芽郁さんが「違うらしいよ」と切り込み、そこから彼氏を「のりかえる」「のりかえない」論争が展開されるというコミカルなストーリーが見どころとなっています。

今の彼氏との関係が煮え切らない姉の深田さんに、「のりかえるでしょ」、「いいなぁ、のりかえ」と語りかける妹の多部さんと永野さん。そこに、UQ WiMAXのイメージキャラクターである父親役のブルームクが「パパものりかえようかな?」と意味深発言をして3姉妹を驚かせます。また、第一弾と同様に、ピンク・レディーの代表曲『UFO』のメロディに合わせ、「UQ!」とスマホを片手に息のそろったダンスも披露。

撮影では、ぶっきらぼうな会話劇を繰り広げる”3姉妹”ですが、第2弾ということもあり休憩中はリラックスした雰囲気で談笑。お互いにピアスの穴を開けているかを聞いたり、背中に指で数字を書いて当てるクイズを楽しんだりと、和気あいあい。ダンスシーンの撮影では、表情や振り付けにとことんこだわり、テイクを重ねること20回。最後にはこの日一番のキレのあるダンスを見せ、監督から「OK!」が出ると大きな拍手が沸き起こりました。

新CM「のりかえる長女」 は、5日より全国で放映中です。

【関連】深田恭子、多部未華子、永野芽郁が3姉妹に!: アイドルが好き!
posted by idolzuki at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜井日奈子、『少年マガジン』で表紙&巻頭グラビア!「まだ子供?もう大人?」

桜井日奈子:“岡山の奇跡”が「マガジン」グラビアで大人っぽくセクシーに まだ子供? もう大人? - MANTANWEB(まんたんウェブ)

“岡山の奇跡”と話題を呼んだ、モデルで女優の桜井日奈子さんが、9日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)第50号の表紙と巻頭グラビアを飾っています。

桜井日奈子さんが同誌の表紙に登場するのは3回目となります。グラビアは“まだ子供? もう大人? 皆さん、決めてください!”というテーマで、桜井さんは子供っぽい笑顔など無邪気な表情を見せているほか、セクシーにベッドで寝そべる姿など大人っぽい写真も掲載されています。

桜井さんは1997年4月2日生まれの19歳で、岡山県出身。「いい部屋ネット」「白猫プロジェクト」のCMなどが話題になり、テレビドラマ『THE LAST COP』(日本テレビ系)に出演しています。

同誌では、桜井さんの写真を使用したクオカードをプレゼントするキャンペーンも実施。「まだ子供ver」「もう大人ver」の2種類のクオカードを各50人にプレゼントするキャンペーンで、2種類のクオカードにどちらかに応募することで、「まだ子供」なのか「もう大人」なのかを投票できます。
ラベル:桜井日奈子
posted by idolzuki at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。